火災保険の選び方解説


火災保険の選び方まとめ


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

火災保険の選び方解説

火災保険には加入すべし

いろいろな保険が販売されていますが、住宅に関する保険の中の一つに火災保険があります。火災保険といわれると、火事になったときに補償の受けられる商品と思っている人も多いでしょう。しかし火事はもちろんのこと、住宅にまつわる様々なアクシデントに対応した住まいの総合保険といっても過言ではありません。たとえば落雷や風災・ひょう災・雪災、水災といった自然災害のときの補償が含まれます。マンションで暮らしている人の場合、給排水設備の故障や水漏れなどで大きな被害をこうむるリスクがあります。そのようなことが起きたときのために、水漏れの補償もついています。さらにはガス漏れなどが原因で破裂や爆発が起きた場合でも補償対象ですし、デモをはじめとした集団行動で暴徒化した民衆が自宅を壊した場合でも保険金は発生します。

住宅の損害に関する、ありとあらゆることの補償に対応しています。特にマイホームを購入した人は、金額から言って一度購入してすぐまた別のものを、というわけにはいかないはずです。もしもの場合に備えて、火災保険に加入しておいた方が安心でしょう。ここでは火災保険の選び方について、いくつか紹介します。火災保険は住んでいる住宅によって、保障内容なども変わってきます。自分たちにとって、どの保険を選ぶのがベストなのかを考えていく必要があります。

火災保険の選び方には、以下で紹介するようにさまざまなアプローチがあります。その中の一つに、口コミサイトを利用するのもおすすめです。口コミサイトで評判の火災保険を中心に比較をすれば、自分たちが十分満足できる火災保険がきっと見つかるはずです。口コミサイトで評判の火災保険というと、以下に挙げるものが代表的です。

トータルアシスト住まいの保険

トータルアシスト住まいの保険は東京海上日動が提供する火災保険です。保険料収入がナンバーワンの損保ということで、安心して加入できるという意見も見られます。住宅に関する様々な保険がついているのはもちろんのこと、「4つのアシスト」と呼ばれる住宅以外のフォロー体制が整っています。4つのアシストは、医療相談や医療機関の紹介のメディカルアシストと事故や災害、セキュリティ情報の提供をする事故防止アシスト、水回りや鍵紛失などの身近なトラブルに対応した緊急時助かるアシスト、事故や自然災害の再発防止のアドバイスをする住まいの選べるアシストの4種類からなります。

GK すまいの保険

GK すまいの保険は三井住友海上の提供する火災保険です。国内最大手の一角を担っている保険会社で、知名度が高いため、安心感があると口コミでも評判です。GK すまいの保険では、6つの領域に補償範囲を分けて、お客さんが必要なプランだけを組み込んで補償の受けられるシステムにしています。デザインが大変シンプルなので、火災保険に関してあまり詳しくない人でも理解しやすいでしょう。

THE すまいの保険

THE すまいの保険は損保ジャパン日本興亜の販売している火災保険で、まず戸建てとマンションでプランを分けています。そしてそれぞれに4つのコースを用意しています。自分たちが必要としている保障内容を含んだコースを選択しましょう。基本的な補償をしっかりカバーしているベーシックとできるだけ必要ない補償を外して、保険料を安くするというスリムの2タイプがあり、それぞれ2種類ずつの契約プランで構成されています。他にも損保ジャパン日本興亜ではゆとほーむαと呼ばれる、火災保険の中では珍しい、積み立てタイプの商品も販売しています。

タフ・住まいの保険

タフ・住まいの保険は相生ニッセイ同和損保の提供している火災保険で、エコノミープランとベーシックプラン、ワイドプランの3コースの中から選ぶ形です。標準的なベーシック、必要最小限の補償で保険料を安くするエコノミー、できるだけ幅広い補償のワイドとなっています。

このようにさまざまな火災保険が販売されています。住宅ローンを選ぶときにも火災保険は必要になります。保険料が発生するものですが、お金を節約するためにもリスクに対してお金を支払っておくことが重要になります。この中から自分にベストの保険を見つけましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 火災保険の選び方まとめ All Rights Reserved.